2015年04月03日

EX-4限定キャブレター水抜きの小ネタ

 昨日の記事「バリオスとEX-4のラジエーターコアガード」に書き漏らしていた事がありました。

 「バリオスとEX-4のラジエーターコアガードは共通部品ですが、ラジエーター本体は共通ではない」
という事です。

 昨日の記事の最後に書き足しておきました。
 パーツの流用等を考えている方はご注意ください。

 では今回の記事
『EX-4限定キャブレター水抜きの小ネタ』
です。

 先日に私のEX-4で「ガス欠的症状が発生」した際に、最初は原因がわからなかったのでキャブレターの水抜きを行ったりしました。
 キャブレターの水抜きの作業自体は以前に書いた記事と全く同じなのですが、その時はキャブレターのドレンから流れ出たガソリンを私は紙で地面へ流しました。

 サービスマニュアルに書いてある方法では、
各キャブレターフロートボール底部のフィッティングに適当なホースをつなぎ、ホースの先端を適当な容器で受けます。
とありますが、私が紙で流した理由は二つ。
 一つは、ホースも適当な容器も持っていなかった事。
 もう一つの理由は「ドレンを開ける手」「ホースを持つ手」「容器を押さえる手」と、手が三つ欲しくなってしまうからです。

 しかし、EX-4に限って言えば、道具によっては「容器を押さえる手」は不要になります。
 次の画像を見れば何故不要なのかわかると思います。
続きを読む

2015年03月27日

ガソリンタンクのエアベントをチェック

 バイクで走り出したところ、まるでガス欠のようにエンジンが止まってしまいました。
 「ガソリンはまだまだ入っているはずだよな?」
 とタンクキャップを開けて確認して、エンジンをかけるとその後は何事も無い。

 ネット上で、EX-4オーナーがこのような書き込みをしているのを何度か見た事があります。
 私も何度か同じ状況になった経験があります。

 で、先日に私のEX-4が同じ状況になりました。
 こういう時は一度タンクキャップを開ければ元通りになるのですが、今回は駄目でした。

 なので、これは完全に不具合です。

 今回の結果は前回の記事の通り「空気穴が詰まっていた」という事なのですが、こうなると何故ガス欠的症状が起きるのか、その対処はどうすればいいかを記しておきます。

 まず、何故ガス欠的症状が起きるのかの原理的な説明です。
 こちらのサイトに詳しく書かれています。
『予備タンク・自動コックについて』
 上記のサイトの説明にあるように、空気穴が詰まるとガソリンが出てこなくなります。

 この空気穴の正式名称は「エアベント」と言います。
 では、このエアベントが詰まっているかどうか、私のチェックの仕方を書いていきます。

 最初に、シートを外します。
EX-4のシートを外した

 ガソリンタンクから出ている、この黒いホースが「エアベントホース」です。
これが燃料タンクのエアベントホース

 このエアベントホースを外します。
燃料タンクのベントホースを外した
続きを読む

2014年03月10日

黒色樹脂部品の色褪せ対策

 EX-4は発売から既に二十年が経過している車種です。
 黒い樹脂部品は色褪せてしまっている物がかなり多くなっています。
 フロント側から、ウインカー、メーターとその周囲、左右のスイッチボックス、フロントスプロケットカバー、チェーンカバー、リアフェンダー等々、樹脂部品は結構使用されています。

 樹脂部品が白くなっていると、つやも無く古ぼけた感じになったりして良い印象はありません。

 この記事では、そういう樹脂部品の色褪せ対策を記していきます。
 「色褪せ対策」というと「色褪せる前の予防」という感じがしますが、色褪せ後でも色褪せ前にかなり近い状態に戻す事も可能です。

 EX-4の場合、一番目立つのはフロントスプロケットカバーでしょう。
 この様な感じです。
EX-4のスプロケットカバー劣化
 上の画像の赤丸の部分が色褪せてしまったフロントスプロケットカバーです。
 下の画像と見比べるとハッキリわかりますね。

 ではここから色褪せ対策の具体的な方法です。
続きを読む

2014年02月27日

絶対に外してはいけないボルト

 EX-500.comで重要な記述を見つけたので、それをここで簡略して説明いたします。
 なお、元記事はこちらです。
Performing an Oil Change - EX-500.com
 このページの「Warning, Caution, Don't Do This」に記載されています。

 EX-4には、記事タイトルどおり、ズバリ「外してはいけないボルト」があります。
 確認はしていませんが、「EN400/500」「KLE400/500」「ER-5」でも共通だと思います。

 場所は文章での説明は難しいので、画像で説明いたします。
続きを読む

2011年09月15日

タイヤの製造年月の確認方法

 先日、TZRのタイヤ交換をしました。
 これは、タイヤが時期的にも磨耗的にもヤバい状態だと思ったので、交換に踏み切りました。
 今回はTZRでしたが、私のEX-4もそろそろ交換を考えなければなりません。

 EX-4は、中古市場などでは古いタイヤがついている場合が多く、1,2年前まではGooBikeなどに掲載されている個体でも純正タイヤがついているなんてのもザラでした。

 EX-4で純正タイヤがついているとなると、そのタイヤは15年前の代物です。
 15年前のゴム製品って、どれぐらい品質が変わってしまうのか私もわかりません。

 EX-4の純正タイヤはブリヂストンの「G549(フロント)」「G550(リア)」という珍しい銘柄なのですが、銘柄を覚えていなくても製造年月はわかります。
 他の銘柄でも製造年月がわかるので、今回は「タイヤの製造年月の確認方法」を記しておきます。

 EX-4にしろ他車にしろ、車体を手に入れた際はタイヤは必ずチェックしたほうが良いです。
 エンジンが何だマフラーが何だであろうと、タイヤが無ければバイクは走る事が出来ません。それに、地面に触れているのは常にタイヤのみ。バイクでも車でも最も重要なのはタイヤです。

 前置きが長くなりましたが、下記のサイトに「タイヤの製造年月の確認方法」が書いてあります。
 タイヤサイズ、表示の見方/基礎知識/ダンロップ タイヤ/DRIVER'S EYE
 長期経過タイヤの点検・交換 | タイヤの使用と管理 | 株式会社ブリヂストン

 見方としては、ダンロップの方が写真も掲載されていてわかりやすいと思います。

 ここからは、上記のサイトを参考に、私のTZRにこれまで装着されていた「IRC RX-01」の製造年月の確認の実際を写真とともに実例として掲載します。
続きを読む

2011年09月01日

6月19日 EX-4のオイル交換

 6月5日(土)の「カワサキコーヒーブレイクミーティング イン 浜名湖」と7月9日(日)の「カワサキコーヒーブレイクミーティング イン 滋賀」の間の6月19日に、EX-4のオイルを交換しました。
 二か月以上経ってしまいましたが、今回はその事を書いておきます。

 まずは、何はなくともオイルを用意です。
 今回は、以前
次回は別のオイルを入れようかなと思っています。
と書いた第一候補の「BRAINS」のオイルを使用するつもりです。
 数日で手元にオイルが届きました。
110604届いたBRAINSのオイル
 これは、「BRAINS」というメーカーのTC40というオイルです。このブログを始めてから、ホンダ以外のオイルをEX-4に使用するのは初めてではないでしょうか。
 6月4日にTwitterにこのオイルが届いた事を書き込んだのですが、翌日の6月5日のKCBMでお会いしたJoppaOrangeさんが「Twitterを見て、やっとオイル交換するのか〜って思いました」と話していました。

 前回のオイル交換が2009年11月ですから、一年半が経過しています。期間が長すぎです。
 
 今回はエレメントも交換します。Vesrahのエレメントを用意しました。
Vesrah SF-4006 箱とフィルター
 このエレメントを購入したのは2007年9月です。
 購入当時の記事では
私はいつこのオイルフィルターを使う事になるんでしょうか。予想は1年後ぐらい?
と書いています。
 正解は4年後でした。予想は大外れです。ていうか、長い、長過ぎる。

 実際にオイル交換の作業をしたのは6月19日です。
 まずは、エンジンを暖める作業から始めます。EX-4のエンジンをかけ、ちょこっとお出かけです。
 足立2りんかんに行ってみました。
110619EX-4で足立2りんかん
 店内をひと通り見てみますが、長い時間見てるとエンジンが冷えてしまい暖機の意味が無くなってしまうので、そこそこで切り上げて再び出発です。

 出かけるのがこれだけでは寂しいので、ついでに一之江2りんかんまで足を伸ばしてみました。
110619EX-4で一之江2りんかん
 足立と同様に店内をひと通り見て、それではオイル交換の為に帰宅です。

 帰宅して、タコメーターについているトリップを確認してみました。
110619EX-4のツイントリップ右側
 前回オイル交換をしてからの走行距離は8431km。ちょっと走り過ぎです。これだけの期間と距離があると、回りがダルいような感じを覚えました。もっと早く交換しましょう。

 ではここからは実際の交換作業の事を書いていきます。
続きを読む

2009年11月19日

開放型バッテリーのメンテナンス

 EX-4は、'94年の発売時で「今では珍しい」と言われた「開放型バッテリー」を採用しています。

 バッテリーは、メンテナンスしだいで寿命がかなり変わってきます。
 ちなみに、メンテナンスフリーの密閉型バッテリーなら全く何もしなくて良いというわけではなく、日常の点検や、状況に応じたメンテナンスが必要です。

 私が持っているバイク「EX-4」「TZR250(1KT)」のバッテリーは、両方とも開放型です。私は、密閉型のバッテリーを採用しているバイクの所有経験はありません。
 この二台で私のバイク生活が終われば、密閉型のバッテリーに触れる事なく終了です。この先、密閉型のバッテリーのバイクを所有する事はあるのでしょうか? 自分でもわかりません。

 今回は、私が行っている「開放型バッテリーのメンテナンス」を紹介します。
 モデルはEX-4です。

 まず、シートを外します。
EX-4のシートを外した状態
続きを読む

2009年11月14日

'09年 秋 EX-4オイル交換

 今週の初めから末にかけて、雨の多い天候でした。
 私のEX-4は、11月6日〜8日にかけて、オイル交換を行いました。

 今入っているオイルは「ホンダ ULTRA S9 10W-30」です。
 ツイントリップの右のメーターは「4752」を示しています。
 前回のオイル交換から4752kmを走りました。時間もほぼ一年が経過しています。

 まずは11月6日に行った、オイルの抜き取りから。

 ボックスレンチとポイパック、ゴム手袋を用意しました。玄関に置いておきます。
 そしてEX-4発進。この日は天気が良かったので、11月3日のように自宅近くから富士山が見えるかなと思ったのですが、残念ながら見えませんでした。
 30分ほどで帰宅し、すぐにボックスレンチとポイパックを準備して、オイル抜き取りの作業にかかります。

 ゴム手袋をして、ボックスレンチでドレンボルトを緩めます。
 緩んだら、準備済みのポイパックをドレンの下に置き、手でドレンボルトを緩めていきます。

 外れる直前まで緩め、外すと同時に素早く手を引っ込めてオイルが手にかからないようにしようと頑張りましたが、志那虎のローリングサンダーのようにはいかず、やっぱりオイルが手にかかりました。

 オイルを抜いている時の画像。
091106オイル抜き取り中
 10月25日にチェーンを綺麗にしてもらったばっかりなので、今回は廃オイルはそのまま廃棄です。

 EX-4を右に左に傾けて出来るだけオイルを抜き取ったら、一度ドレンボルトを締め、11月8日の日曜日までそのままにしておきます。

 そして二日後。
 再びドレンボルトを緩め、時間が経って下りてきたオイルを抜きました。注入の準備を始めます。
続きを読む

2009年11月12日

ハブダンパー交換

 記事にコメントをいただいている皆様、返事が遅くなってしまっていて大変申し訳ありません。記事もコメントも出来るだけ頑張ります。今後ともよろしくお願いいたします。

 今回の記事は、久し振りの「整備、メンテナンス」のカテゴリ。
 11月1日にハブダンパーを交換しました。その事を記します。

 まずは、用意した物を。
ハブダンパー交換に用意した物
 これ以外には、ボックスレンチを用意。

 ハブダンパーを交換するには、リアホイールを外す必要があります。
 私のバイク人生において、自分でリアホイールを外した事はありません。初体験です。

 作業や道具を揃える際には、ワールドインポートツールズのブログを参考にしました。
 ショックレスハンマーの存在を初めて知りました。
 そしてショックレスハンマーをアストロプロダクツで購入。
 ワールドインポートツールズさん、すみません。アストロの、安いんだもん。

 では、サービスマニュアルで確認しながら作業開始。
続きを読む

2009年06月21日

チェーンのメンテナンスの方法が掲載されているサイト

 私はこのサイトで、よくチェーンの事を書いています。
 チェーンの掃除は手間はかかりますが難しい事は無い、私でも出来る作業ですし、チェーンを綺麗にすれば、
「見栄えが良くなる」
「チェーンの寿命が長くなる」
「スプロケットの寿命が長くなる」
「燃費が良くなる」
「押し歩きが軽くなる」
というように良い事ずくめな上に、良くなった事が見た目でも体感でもハッキリ分かるので気持ち良いです。

 でも、バイクを買ったばかりの人や、自分ではメンテナンスはした事が無いという人は、良くなるのはわかっていてもやり方が分からない、チェーン掃除している人のサイトを見てもいまいち要領がつかめない、という方もいらっしゃると思います。

 そういった方にはもちろん、「チェーンのメンテナンス方法ぐらいわかってるよ」という方にも考え方から再度見つめなおす、というような意味でもおすすめのサイトがあります。

 チェーンのメンテナンス方法を具体的に記したサイトを三つ紹介します。
続きを読む

2009年05月28日

TZRのチェーンを掃除

 作業をしてから大分日にちがあいてしまいましたが、5月20日にTZRのチェーンを綺麗にしました。今回はその事を書いていきます。

 まずはTZRのチェーンの現状。
090520TZRのチェーン掃除前
 EX-4のチェーンはシルバーなので汚れたらわかりやすいですが、TZRに使ってるチェーンはメッキ無しなのでわかりにくいです。汚れだけでなく錆も発生しています。

 今回用意した道具。
 先日購入したローラースタンド。
ローラースタンド
これを使用する事で作業がかなり楽になります。

綺麗にする道具。
090520今回のチェーン掃除の道具
左はダイソーで買ってきた「ミニワイヤーブラシセット」。
右のボトルは「チェーンクリーナー」。
 「チェーンブラシ」と「DIDのチェーンルブ」。
チェーン掃除セット
写真下方に置いてある青い柄のブラシと、右の立っているボトルです。

 他には、CRC556の代わりの「WD-40」、ウエス、キッチンペーパー。

 では作業開始。
続きを読む

2009年01月07日

フロントチェーンカバー裏を綺麗に

 以前に何度か記事に書いたように、チェーンを綺麗にするという事がとても楽しくなっています。
 その際に気になったのが、フロントのチェーンカバーの中から黒い汁が垂れてきて、エキゾーストパイプやセンタースタンドを汚すという事です。
 特にセンタースタンドの方は、砂より若干粒が大きいような小さい石も一緒にこびりつきます。「どうしてなんだ?」という気持ち。
フロントのチェーンカバーの場所は、ここ。
フロントのチェーンカバーの場所

 フロントのチェーンカバーを一度外して、中の汚れ具合の状況を見てみたいなあと思っていたのですが、手持ちの工具では外せませんでした。
 何故外せないかというと、このような感じの為です。
フロントのチェーンカバーのボルト
 赤丸三つと青丸一つの計四つのボルトを外すのですが、青丸のボルトが非常に外し辛い。
 私の手持ちの工具は、ドンキホーテで購入した999円のボックスレンチセット。これは、ソケットの差込角が9.5mm。これでは全く入らない。
 先日、ホームセンターで差込角が6.35mmのソケットレンチセットを購入しました。別件で買ったのですが、これでフロントのチェーンカバーを外せる工具を入手した事になりました。

 そしてチャレンジ。
 ソケットレンチのシャフトが周囲に当たるものの、作業は問題なく可能。やったね。
 ようやくボルトを外す事が出来ました。それでは中を見てみます。
続きを読む

2008年12月27日

燃料コックの部品交換

 私のEX-4のガソリン漏れですが、燃料ホースの交換では直りませんでした。やはりmahさんとnamoさんからいただいたコメントのように、原因は燃料コックの線が濃厚です。

 必要な部品をNAP'S足立で取り寄せ、昨日ようやく時間が取れたので交換しました。
 今回はその詳細を。
続きを読む

2008年12月17日

フユーエルホース交換

 以前にフユーエルホースの交換を行いました。今回はその事を。
続きを読む

2008年12月16日

クーラントとパッキンの交換

 マスクと風邪薬をビール券で買う男、私がFujikatsuです。
 風邪はまだ治っていませんが、大分良くなってきたので、冷却液漏れの原因と思われるパッキンの交換の記事を記していきます。

 手順としては、
  1. 冷却液を抜く
  2. パッキンを交換
  3. 冷却液を注入
となります。
 手間がかかりますが、冷却液の抜き取りと再注入が必要です。水道の蛇口や栓のパッキンの交換のように、外して取り替えるだけというわけにはいきません。

 では実際の作業を記していきます。
続きを読む

2008年12月04日

EX-4にオイル注入

 昨日、EX-4にようやくオイルを入れました。

 サイドスタンドのスプリング交換の記事に「オイルパンのドレンボルトを外した」と書きましたが、写真をまだ掲載していませんでした。前々日にオイルを抜いてから、この日にもう一度ドレンボルトを外しました。
後日のオイル抜き
 やっぱり結構出ますねえ。

 ではここから本題です。
続きを読む

2008年12月02日

エアクリーナエレメント清掃の動画

 EX-4は、日本ではとても数が少ないバイクですが、欧州版のGPZ500Sや北米版のNinja500Rはロングセラーなバイクです。
 そのせいか、インターネット上に数多くの画像や動画がアップされています。

 私のEX-4のエアクリーナーの記事が続いたので、今回はエアクリーナエレメント清掃の動画を紹介します。Ninja500Rのエアクリーナエレメントの清掃を、タンクを取り外す所から撮影されています。

2007-07-22 Air Cleaner Element Cleaning

 約10分に編集された、とてもわかりやすい動画です。
 メッセージは全て英語ですが、道具等も含めて全て映像で説明されているので、文字が読めなくてもこれが何の道具かという事もわかります。
 はっきり言って、私のブログを読むよりもはるかに説明力があります。

 メンテナンス等がわからないという方でも、この動画を見ると「特別な事をしているわけではないんだな」というのがわかると思います。

 「エアクリーナエレメントの清掃や交換は自分ではやらない」という方も、実際にはどのようにして行っているのかという事を知る為に、是非一度見てみて欲しいです。

2008年11月30日

エアエレメント取り付け

 今日は、出かけるには最高の天気でしたね。私はバイクいじりです。バイク屋に頼んだ方がやっぱり良かったのかなあ。

 今日はエアエレメントの取り付けその他を行いました。
 今回の記事はタイトル通り、エアエレメントの取り付けです。

 前回、一旦外した部品を取り付けた時は、全てのネジは手回し、あるいは工具を使っても軽く止めるだけで、すぐに取り外せるようにしていました。

 今回もカウル類を外してからの作業。
 一旦載せただけのタンク等も外しました。
タンクのブラケットがついている状態
 タンクを取り付ける為のブラケットを止めているネジが一つ、とても錆びています。
続きを読む

2008年11月29日

エアエレメント洗浄

 11月23日の行動予定の中で、
「エアエレメントを洗浄→NAP'S足立へ→エアエレメント取り付け」
としています。
 この行動の詳細を記していきます。

 外装を色々取り外してから、ようやくエアクリーナーボックスに辿り着きました。そしていよいよエアエレメントを取り出します。点検は何度も自分でやってきましたが、取り出すのは初めてです。
 では、取り出します。

 O.K. men,it's show time!!!!
続きを読む

2008年11月23日

サイドスタンドのスプリング交換

 記事の時系列がちょっと前後してしまうのですが、11月18日の記事「EX-4のオイル抜きとチェーン掃除」は、11月09日のNAP'S足立で買い物をした後に行いました。

 今日の記事は、11月11日に行った事です。

 まずは、EX-4のオイルパンのドレンボルトを外しました。やっぱり結構な量のオイルが排出されました。毎日乗らなくても大丈夫なら、一昼夜は置いた方が良さそう。

 オイルが抜けるのをただ待っていても時間が勿体ないので、先日取り寄せた部品の中で、簡単な作業になるものから始めます。何から始めるか。
 フューエルホース交換やエアクリーナーは間違いなく時間がかかるので、まずはサイドスタンドのスプリングの交換から。
 以前にサイドスタンド一式を交換した際、サイドスタンドを上げてもいまいちしっかりと固定されないのが気になったので、純正部品を注文する時にスプリングも注文して交換しよう、と思っていました。

 現在のスプリング。
 サイドスタンドを上げた状態。
古いスプリングのサイドスタンドを上げた状態
 サイドスタンドを出した状態。
古いスプリングのサイドスタンドを出した状態

 CRC556を吹きつけて磨いてみたりしましたが、綺麗になりません。最も、伸びていたら磨こうが何をしようが意味がありません。

 それでは、新しいスプリングを用意。
新しいサイドスタンドのスプリング
 交換を開始します。
続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。