2010年02月21日

Ninja500R 終了っぽい

 私は、あまり意味も無くWikipediaを見てしまっている事が多いです。
 今日も、意味無く「結城市」から始まり、「ツイード」「マリア・ルイーザ (パルマ女公)」「倒幕運動」「犬鳴峠」などなど、本当に「最初に見だした動機は何だったっけ?」と思いながら見てしまう事が良くあります。

 そして今日は、以上の物を見た後に不意に、
「久し振りに英語の『Ninja500R』のページを見てみようか」
と思って、英語版のホームを開いてから検索窓にワードを入れて見てみました。

 「おお〜、やっぱり充実しているなー。写真は何故か全部GPZ500Sだ」
とか思ったりして見ていました。

 本文を見ていて、ふと目についた一文がありました。
2009 was the last model year for the Ninja 500.
…?…え?

2009 was the last model year for the Ninja 500.

     \(^o^)/

 マジで! マジで!! やっぱり終わりなの!!??
     。・゚・(ノД`)・゚・。

 異例の「22年も続いてきたエントリーモデル」も、遂に終了のようです。
 本文を読むと「1994年(EX-4の発売年)にデザインのアップデートがなされ、名称も『EX500』から『Ninja500』に、そして1998年からは末尾に『R』が付けられた」という事がわかります。
 そんな変遷を経てきたEX500も、環境問題による規制に適わないのでしょう。

 これでもう、カナダを含む北米地区の在庫が無くなれば、このデザインのバイクを新車で買う事は事実上不可能、という事になります。
 ちなみに、私はNinja500Rの実車を見た事はまだありません。

 ああああああああああ、凄く悲しいです (ノД`)
 いつか必ずこの時が来るとわかっていたとはいえ…。

 日本には恐らくゼロ台なんでしょうね。
 一度見てみたい、一度乗ってみたいです…。

2010年01月15日

「2010 Ninja500R」が出ない

 当ブログでもこれまで毎年のモデルごとに取り上げてきた「Ninja500R」。
 2009モデルは、2008年の6月には既に発表されていました。

 しかし、カワサキのアメリカのサイトで2010モデルはまだ発表されていません。
 もう、2010年の1月半ばになっています。
 この時点で発表されていないという事は、終了の可能性が大きいです。

 カワサキのアメリカのサイトで、ロードモデルで2009年モデルのままになっているのは、「Ninja500R」「Vulcan 500 LTD」「スーパーシェルパ」「Eliminator 125」の4台です。
 「Ninja500R」「Vulcan 500 LTD」の日本版である「EX-4」と「EN400」は、10年以上前に生産完了しています。
 「スーパーシェルパ」「Eliminator 125」も日本国内版は生産完了モデルです。

 「Ninja500R」「Vulcan 500 LTD」は、カリフォルニア州の規制をクリアできないようですし、このまま終了となってもおかしくなさそうです。
 86年当時はEX500として、そしてそこから24年も続いてきたNinja500Rも、ラインナップから遂に外れる時が近づいてきたようです。

 ER-6nやNinja650Rとコンセプト等でも被る部分も多いだけに、両モデル発売後もよく販売が続いてきたなあと思う面もあります。

 どちらかというとエントリーモデルなだけに、エントリーモデルが24年も大きな変化無しで販売が継続されてきたのも凄いと思います。
 出来れば2010モデルも出て欲しい。

 当サイト「俺とバイクとEX-4」は、日本では一般的には売られていない「Ninja500R」を応援しつつ、Ninja500Rの成り行きを熱く見守っています。

2008年06月23日

'09 Ninja500R

 現在は6月。今年の半分ほどが過ぎたところです。
 通常、次年度のモデル発表は9月から11月頃に行われますが、カワサキのアメリカのウェブサイトで、既に「'09 Ninja500R」が掲載されています。
 現時点で'09モデルが掲載されているのは、モトクロスの「KX」、オフロードの「KLX」、リンクだけ作られていて、まだリンク先は無い「Versys」、クルーザーの「Vulcan500 LTD」です。

 私が興味あるのは、やっぱり「Ninja500R」。では画像を掲載。
続きを読む

2007年11月03日

'08 Ninja500R

 各バイクメーカーから'08モデルが発表されています。カワサキからも、Ninja250R等が発表されて各ショーを賑わせています。私も色々なバイクに興味がありますが、やはりこれは外せません。

 「'08 Ninja500R」
'08Ninja500R Metallic Diablo Black '08Ninja500R Passion Red
 まだ販売終了にならずに、アメリカとカナダでは来年も販売が継続です。
 アメリカでは「Metallic Diablo Black」「Passion Red」の二色。
 カナダでは「Metallic Diablo Black」のみの一色。
続きを読む
23:59 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | EX-4の兄弟姉妹 | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

ハイコストパフォーマンス「ER-5」

「ER-5」
ER-5

 このバイクは、海外では「ER500」とも呼ばれているようです。

 最初に発表されたのは'96年のケルンショー。当時、海外ではそれなりに話題になりました。
 しかし、日本では全く話題になりませんでした。
 一部の雑誌で「EX-4のネイキッド版」というような内容で触れられていましたが、EX-4の知名度が低い為に「そもそもEX-4がわからないので、そのネイキッド版と言われても」という状況です。

 ER-5は海外でのみ発表された、完全な海外向けモデルです。
 EX-4は「海外向けのGPZ500Sを国内向けに作り直した」かたちですが、ER-5は国内では発売どころか発表すらされていません。
 その為、知名度ではEX-4より遥かに低いです。
 純粋な川崎重工製で、日本の工場で生産されている輸出モデルですが、国内で生産されている事すら知られていません。これはNinja500Rも同様です。
続きを読む

2006年07月27日

GPZ500Sの海外のサイト

正直な所、GPZ500S/Ninja500Rの海外での人気を甘く見ていました。
まさかここまでとは。
読む場合は、翻訳サイトやツールを使うとある程度読めるようになります。
wikiからリンクしているサイトがまた良いです。

Wiki
http://en.wikipedia.org/wiki/Kawasaki_Ninja_500R (英)
http://de.wikipedia.org/wiki/Kawasaki_GPZ_500_S (ドイツ)
http://it.wikipedia.org/wiki/Kawasaki_GPZ_500_S (イタリア)
http://es.wikipedia.org/wiki/Kawasaki_GPZ_500_S (スペイン)
http://he.wikipedia.org/wiki/Kawasaki_500R (イスラエル、ヘブライ語)

他のバイク
ER-5
http://en.wikipedia.org/wiki/Kawasaki_ER-5 (英)

Ninja650R
http://en.wikipedia.org/wiki/Kawasaki_Ninja_650R (英)

GS500E
http://en.wikipedia.org/wiki/Suzuki_GS500E (英)
23:58 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | EX-4の兄弟姉妹 | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

'07 Ninja500R

TK-2さんからGPZ500Sの形式等の事について情報をお寄せいただきました。
その情報も合わせまして、GPZ500S('94〜)の記事も修正しています。

そしてもう一つ情報をいただきました。
USAカワサキを見ると、Ninja500Rの色がライムグリーンではなく
「Metallic Titanium」と「Solar Yellow」
になっています。
そして、NON-FLASH SITEでは
「NINJA 500R - 2007」
の文字があります。

Ninja500R、2007年は新色になって販売継続が早くも決定です!

本当にいつまで売られ続けるのでしょうか…。
実際のカラーを見る

2006年06月15日

GPZ500S('94〜)

 EX-4は、輸出向けのGPZ500Sを400にスケールダウンして国内で販売されたモデルです。ZRXやゼファーのように、国内で売る事を前提に造られた車種ではありません。
 2006年現在では、北米向けの「Ninja500R」のみが販売されています。欧州向けの「GPZ500S」は販売終了しています。「排ガス規制により販売終了」と噂で聞いたのですが、同一エンジンの「ER-5」は販売が継続されています。
 「GPZ500S('94〜)」が無ければEX-4の販売も企画もありえませんでしたので、EX-4にとっては重要なバイクです。日本ではEX-4が好きな人は数少ないですが、その数少ない人たちの間では垂涎の的になっています。

 この記事ではGPZ500Sのスペックを記しますが、GPZ500Sにはいくつかの仕様があります。GPZ400S/EX-4は形式名はそれぞれ「EX400A」「EX400B」ですが、GPZ500Sの形式名は
・EX500D(Ninja500R)北米仕様
・EX500E(GPZ500S)イギリス/スウェーデン以外の欧州仕様
・EX500F(GPZ500S)イギリス/スウェーデン仕様(ちょっと判然とせず)
と分かれているようです。かなりややこしいです。
 なお、この記事を書いた後に、実際にGPZ500Sに乗られているTK-2さんから情報をいただいたのですが、
「D1とE1/E2のパーツリストによると、
EX500D イギリス仕様、シングルディスク、左側通行用ライト
EX500E その他のヨーロッパ仕様、ダブルディスク、右側通行用ライト
という差のようです。」
との事です。
 この事から間違いなく言えるのは、
「ダブルディスクのEはイギリス以外の欧州仕様」
です。
 そして、「DとFはどこの仕様なのか」ですが、
 USAカワサキのNinja500Rのページでサービスマニュアル等の検索をすると、「EX500D」と出て来ます。
 一方、海外で出版されている「Clymer Repair Manuals EX500 1987-2002」では、
Ninja 500R D1-D9 ('94-'02 US & Canada), GPZ500S E1-on ('94-on Germany, Norway & Greece), GPZ500S F1-on ('94-on UK & Sweden)
となっています。

 これらの事を合わせて推測してみると、
「DとFは、仕向地は違うもののほぼ共通の仕様」「パーツリストなどは共通」「イギリスも北米も公用語は英語」
 ということで、「DとFは形式名だけ別という形をとっているが、中身はほぼ同じ」
と思われます。
 それと、「ヨーロッパ最終の2003年モデルではイギリス仕様もダブルディスクのEタイプになっています。」との事です。
 この辺は規制の絡みがありそうです。
 TK-2さん、貴重な情報ありがとうございます。

 ここでは、北米仕様のNinja500Rを中心に、判る範囲で書いていきます。Fはやはりデータがありません。
続きを読む

2006年05月10日

今出てればモタード?「KLE400」

 KLE400は、GPZ400Sから五年後の'91年に発売されました。
 このスタイルのバイクは国内メーカーでは、'88年発売の「ホンダ アフリカツイン」が最初だと思います。パリ・ダカール・ラリーでホンダのワークスマシン「NXR750」が三年連続優勝し、勢いづいたホンダが初代アフリカツインを限定で販売、そしてその翌年も優勝したので初代アフリカツイン(650cc)を750cc化して限定販売。そこで各社が自動二輪中型免許でも乗れる、オフロードスタイルの400ccを発売。当時はこういう流れだったと思います。
・「ホンダ トランザルプ400V」
・「ヤマハ XT400E アルテーシア」
・「カワサキ KLE400」
 スズキは出していなかったと思います。
続きを読む

2006年05月09日

アメリカン「EN400」

 EX-4には、同じエンジンを使った数多くの兄弟がいます。
 その中では一番最初に当たる、言わば元祖的な存在が「EN400」です。一見関係無い全く別のバイクですが、知っている人なら至っておかしくはない事です。
 知らない人は、最初はかなり驚くと思います。
 実は私は、サービスマニュアルを注文して届いた時にちょっと驚いてしまいました。
続きを読む

2006年04月29日

EX-4とGPZ400S

 結局GPZ400SもEX-4も、日本では「全く」といっていいぐらい売れませんでした。
 EX-4はオーナー達のデータ収集により「約1100台前後」ではないか、という試算がされています。GPZ400Sはそういったデータが無いのではっきりとはわかりませんが、1000台いってないのではないか、と思われます。
 GPZ400Sは、名称も悪かったと思います。「GPZ」という名は日本では付けなかった方が良かったでしょう。作りも名前も「GPZ400Rの廉価版」というイメージがついてしまいました。

 しかし、海外では全く事情が違います。
 海外向け500cc版の「GPZ500S」は、'86〜'93年まで売られ続けました。「GPZ500S」は欧州及び豪州向けの名称で、北米及び南米向けは「EX500」の名称で売られたようです。「ZZR1100とZX-11」と同じ売り方だと思います。
 「GPZ500S」「EX500」は「安価で性能が良く、壊れない、優れたバイク」として売れ続けます。
 日本では
「GPZ400Sは'90年に販売完了、'94年に新機種としてEX-4が発売」
という形をとっていますが、
 海外では
「'86〜'93年までは『GPZ500S』『EX500』として販売、'94年からはフルモデルチェンジを行い、欧州は『GPZ500S』、北米は『Ninja500(のちにNinja500R)』として販売」
となっているようです。
 買い手側の意識の違いで、メーカー、乗り手、共に全く違うバイクのような扱いです。
続きを読む

2006年04月28日

時代に翻弄された「GPZ400S」

GPZ400Sは、EX-4以上に売れなかった不人気バイクです。EX-4とは何が違うのか、なぜ売れなかったのか、等を書いていこうと思います。

まず違いから。
  • タイヤが16インチ。
  • フロントフォーク径が違う。GPZ400SはΦ36、EX-4はΦ37。
  • リヤブレーキがドラム。
  • サイドカバーが、サイド部分とテール部分で二分割されている。
  • 初期はアンダーカウルがオプション。
  • ホイールベースがEX-4より5mm長い。
他にも「重量」等、細かい違いがあります。
 これらの違いは一言で言えば、「GPZ400Sの『時代に流された』部分を修正」と言えると思います。
続きを読む

2006年04月27日

EX-4の前身「GPZ400S」スペック

 EX-4は'94年に新機種として発売されましたが、完全な新機種ではありません。
 '86年に発売され'90年で国内販売完了となった「GPZ400S」というバイクにマイナーチェンジを施されて「新機種」として発売されました。「GPZ400S」は「兄」のようなものでしょうか。

 EX-4の事を知る上では欠かせない、EX-4の前身である、隠れすぎの名車「GPZ400S」の説明です。
とは言っても私は乗った事が無いので、データと雑誌記事などからの知識になってしまいます。それでもよろしければ読んでみてください。

 ではまずスペックです。しかし、とにかく「マイナー、地味」を王道で行くバイクですので、EX-4ほど詳しいデータがなかなか無いのが辛い所です。
続きを読む