2006年05月06日

ハンドルグリップ交換

 ハンドルグリップを左右両方とも新しい物に交換しました。

 カラータイプ等の社外品にしようかとも思いましたが、
「このバイクには寧ろ社外パーツはスクリーンぐらいに留めて、見た目は出来るだけ出荷時に近い状態を保ちたい。言わば動態保存。」
という、このバイクに対する自分のスタンスを考えて、純正→純正への交換に決めました。

 左はグリップのみで右はスロットルインナー付き。それで合計2300円ぐらいですから安い物ですね。

 まずはインナー付きで楽そうな右から。
 スイッチボックスをバラしてグリップをインナーごと外し、そしてスイッチボックスを組み戻せば完了。
 なのですが、外す時はスロットルワイヤーを外すので、バイクに詳しくない私はどうついているのかを覚えておかないとなりません。まあ難しくはなかったですが。
 外す時は「ちょっと邪魔」程度のブレーキレバーでしたが、組む時は「どうしようもなく邪魔」です。そのままがんばって組むのも返って時間がかかりそうなので結局レバーも外しました。凄い楽になりました。
 で、組み戻したのですが、アクセルの動きが少し渋い。インナーとハンドルバー(セパハンでもハンドルバーと言って良いんでしょうか?)の間にグリスを塗るのを忘れてました。一からやり直しです。しかしグリスは持っていませんので、仕方なくホワイトチェーングリスで代用。アクセルワイヤーにグリスがついていないように見えたので、タイコ部分にもホワイトチェーングリス塗布。そして組み戻し、レバーも装着して完了です。

 次は左です。
 こちらは単純に抜き取って差し替えればOKです。しかし抜けません。
 用品店では「グリップを押し広げて、間に潤滑剤をスプレーして徐々に抜く」とあったのでCRC5-56をスプレーしてがんばってみましたが、全然抜けそうにありません。サービスマニュアルでは「接着剤塗布」とあるので接着剤のせいかと思い、諦めて植木バサミでジョキジョキ切りました。
 植木バサミでハンドルバーを傷つけてしまい軽く凹んだりしましたが、グリップを取る事が出来ました。切ったグリップを開いてみると、接着剤はついている感じがしません。カワサキさん?これは一体?

 取り付けもCRC5-56をグリップとハンドルバーにスプレーして差し込もうとしたのですが、半分ぐらいまで入ったところで進まなくなってしまいました。ちょっとパニくりましたがなんとか抜き取れました。
 どうしようか悩みましたが、台所用洗剤を水で薄めた物をグリップとハンドルバーの両方に塗ったら面白いぐらい簡単に抜き差しが出来ます。
 結局接着剤は塗りませんでしたが時間が経ったらガッチリ動かなくなったので、ハンドルエンドのウェイトをつけて、左右とも完了。

 ついでなので、ウェイトの錆を耐水サンドペーパーで落としてブラックを塗って、作業は全て完了です。

 もう完全に新品です(いや普通に新品なんだけど)。
 でも使い心地は今までの方が手に当たる部分の角が丸まってて心地よかったかも…。ちょっと痛い。

古い方(左)            新しい方(左)
切ってる途中で「あ、写真」と思い出しました 見た目も少し痛そう

 見た目のヤレ具合がかなり無くなりました。あとはステップとラジエーターガードをなんとかすれば、パッと見はかなり綺麗になります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17476429
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ハンドルグリップ交換をする。
Excerpt: 純正のグリップがもう磨り減ってつるつるになっていたので、取り替えてみることにしました。 ■左が以前のもの。右が新品。 古いグリップはもう凹凸がなくツルツルです。 ■古いグリップをはずした..
Weblog: 初めてのバイク 3rd
Tracked: 2006-06-09 14:31