2008年09月10日

キャブレターの水抜き

 先日、世田谷まで出かける前にキャブレターの水抜きを行いました。

 EX-4を所持してもう13年になりますが、キャブレターの水抜きをするのは2回目です。以前行ったのは何時だったっけ?全く憶えていません。以前の車検の時にキャブの調整をしてもらってからは、キャブはノータッチです。水抜きは一年に一度はやらないと。

 キャブレターの水抜きぐらいどこかのサイトで書いているだろう、と思いましたが、そこは流石EX-4。Googleで検索してもそのような記述があるサイトは出てきません。
 私が書けば、「世界初。EX-4のキャブの水抜きの方法が記されたサイト」です。本当かな?

 水抜きをする理由は、
  • 水によるキャブレター内部の腐食を防ぐ為。
  • 水が溜まってると、アクセルを大きく開けた時、ガソリンではなく下部に溜まった水を燃やそうとしてエンジンが失火したような感じになり、回転が一時的に上がらなくなる状況が起こる為。
 私のEX-4が以前、高回転までスムーズに回らない事があったのは、もしかしたらこのせいかもしれません。プラグ交換したけど、症状は消えませんでしたし。

 ではその水抜きの方法。キャブレターのドレンプラグを緩めてください。

 終了。

 誰でも出来る、物凄く簡単な作業です。ここからは画像を交えて詳しく説明していきます。

 まずはキャブレター。EX-4のエンジンの右側です。これがキャブレター。
キャブを中心にEX-4のエンジン

 キャブレターをクローズアップ。
EX-4のキャブレター
腐食錆びでちょっと汚い。綺麗にならないんですよね…。困った。

そしてこれが最重要。ドレンプラグ。
キャブのドレンプラグ
このドレンプラグを緩めれば、キャブレターの中のガソリンや水がすべて排出され、キャブレターの内部は空になります。
 ではその手順。
  1. 燃料コックをOFFの位置にする。
  2. ドレンプラグより奥に、突起のように飛び出した排出口があるので、そこにホース等を繋ぐ。
  3. ホースから出たガソリン等を受ける為の容器を用意。
  4. キャブレターのドレンプラグを緩める。
  5. ガソリン等の排出が終わったらドレンプラグを締める。
  6. 燃料コックをONの位置に戻す。
 これで終了です。

 EX-4は2気筒、キャブレターは2個なので、2個とも同じように行います。4気筒なら4個、6気筒なら6個、同じ作業を行います。2気筒は楽です。単気筒なら当然もっと楽。

 左側のキャブは作業がしにくいです。私は右側から六角レンチをはめ込んでから左側へ移動。左側から手を逆に回し入れて六角レンチを回す、というやり方で行いました。
 それと、私はそんな上手い具合なホースを持っていませんので、大きめの紙で流しました。容器も無いので、バイクを停めている所のコンクリートの上にそのまま落としてしまいました。これだと具合がわからない。ガソリンとともに黒い塵みたいなのも出てきたのは確認しました。

 サービスマニュアルにもやり方が書いてあるので、それをちょっと転記。

燃料系統の清掃

  • 各キャブレターフロートボール底部のフィッティングに適当なホースをつなぎ、ホースの先端を適当な容器で受けます。
  • フューエルタップを「PRI」の位置にします。
  • キャブレターのドレンプラグを数回転ゆるめます。
  • 水、ゴミ等が出てくるか点検します。
  • ドレンプラグを締め、フューエルタップを「ON」の位置に戻します。
  • 水、ゴミ等が出てくれば、燃料系統を清掃します。
適当なホースをつなぎ、ホースの先端を適当な容器で
 「適当」二ついただきましたー。片方は違う言葉を使って欲しいと思った。

フューエルタップを「PRI」の位置にします
 「PRI」なんて無いぞ…。
 ん?…あ、ああああ、あった。あったわあああ。でもこれ、ちょっとおかしくない?遠すぎない?そもそも関係ない気が??
 って、それはTZRのフューエルタップだああああ!

 EN400はそういう燃料コックだったのかな。ちょっと羨ましい気がする。

 ようし、これでOKだ。さぁ世田谷へ出発!エンジンスタート!!
 と思ったら、エンジンが一瞬だけかかってその後はかからない。
 燃料コックONにするの忘れてた。
 ありがち過ぎ (つД`) 
この記事へのコメント
私もバイクを買ったころ水抜きしようと思ったのですが、ネジの頭が少しなめていて、しかも固くしまっていたので無理せずそのままになってました。そしてこの記事を見て思い出し何とか作業終了。すこし乗ってみましたが、アクセルに対する反応がよくなった気がします。アイドリングも安定しました。なんだかすてきなパーツを付けたみたい。
キャブレターの水抜きだけでこんなに変わるとは、びっくりでした。
ぱるぷんて 2008年09月19日 12:15
固くしまっているのは、ドレンプラグなので固く締めていないとガソリンが漏れてくるからです。
本来は、出てきた水の量を確認して、多い場合には水の浸入経路を調べる必要もありますので、しばらくはある程度定期的に水抜き作業をして確認してみた方が良いかも。
Fujikatsu 2008年09月20日 01:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106363192
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック