2017年06月09日

TZR手放しました

 Twitterを見ている方はもうご存知だと思いますが、先月5月22日にTZR250を手放しました。
 正直なところ、維持していくのは私にはもう無理だ、自分には現実的ではない、と思って決意をしてからは次の仕事休みの日にしようと考えての行動です。

 決めていたのは「購入したお店に引き取ってもらう」という事だけです。
 5月22日当日はその日に済ませる用を終えた後、いきなりお店に行くよりは一応事前に連絡しておいた方が良いかなと思って電話をしました。

 お店の方との電話のやり取りとしては、
「持ち込まれますか?エンジンはかかりますか?」
『今からかけてみるけど多分かかると思います。到着は多分30分後ぐらいになると思います』
「もしかからないようでしたら、出張引き取りは無料ですのでお気軽にご連絡ください」
細かい内容はもう覚えていませんが確かこんな感じです。

 私としては、これがTZRでの最後の走行になるので絶対に走っていきたいという気持ちです。
 書類を用意して、TZRを出す直前まで充電していたバッテリーを搭載してイグニッションキーを回します。
「キュイ、キュ、キュイーン」
通常通りにYPVSの起動音がしますが、今日はどこか物寂しげに聴こえます。
自宅での最後のTZR
続きを読む

2017年06月06日

久しぶりの記事

 2015年の5月か6月ぐらいにパソコンが壊れてしまって以来、久しぶりに記事を書いてみます。

 パソコンが壊れた事について具体的に言うと、OS(Windows7)を入れているSSD1台とデータ全般を入れているHDD1台で運用していたのですが、HDDの方がアクセス不能になりました。
 症状としてはこの動画と全く同じです。

 私が使用していたHDDは「Seagate Barracuda ST3000DM001」。
 購入したのは正月くらいの時季だったのですが、当初から
「気温、室温が低いと初回起動時はHDDが起動しない」
という症状が起きていました。
 これは何故なのかわからなかったのですが、アクセス不能となってから本体から基板を取り外してみたら、本体と基板のアクセス部分にフィルムケーブル等を使わず、本体の接点と基板の接点が直接触れ合う形で接しているという設計になっていました。
 正直、購入前にこの設計がわかっていたら買っていませんでした。

 なお「アクセス不能の動画の症状」と「寒い時は初回起動に失敗する症状」に関連性はありません。
 ただ、どちらの症状も世界各地で報告されているので、私の個体に限った事ではありません。

 なので、HDDにアクセス不能となってからはOSしかインストールされていないパソコンとなってしまい、全くと言っていいくらい役に立たないパソコン状態になってしまいました。
 写真や画像、その他バイクやEX-4関連のデータも無くなってしまった状態だったのでどうにもなりません。

 その後、以前に壊れた時のHDDからデータをコピーしてきたので、現在は2011年ぐらいまでのデータを何とかサルベージ出来ています。
 しかし、2011年から2015年5月くらいまでのデータが無くなっているのがかなり痛いです。

 パソコン等で「Seagate Barracuda ST○000DM001」シリーズを使用しているけど現在問題無い、という方には早急に他のHDDに交換、最低でもHDD内データのバックアップをおすすめいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。