2015年04月02日

バリオスとEX-4のラジエーターコアガード

 2015年3月23日の記事「エッチングファクトリーのラジエーターコアガード」で、「バリオスとEX-4のラジエーターコアガードは共通部品」という事を書きました。

 先日の東京モーターサイクルショーでの来場者のバイクにバリオスを見つけた時に、
「そういえばラジエーターコアガードはEX-4との共通部品なんだっけ。ちょっと見てみようか」
と思い、バリオスのラジエーターコアガードをちょっと見てみました。
バリオスのラジエーターコアガード

 ↓こちらはEX-4
EX-4のラジエーターコアガード

 うむ。やはり同じですね!

 もし、これを「流用」と考えるのならば、バリオスの発売は1991年。EX-4の発売は1994年なので、
「バリオスのラジエーターコアガードをEX-4に流用している」と考える事が出来ます。

 しかし、このラジエーターコアガードを共通部品とする車種はもう一車種あります。
 それは「GPZ400S」です。
 GPZ400Sの発売は1986年。
 なので、
「GPZ400Sのラジエーターコアガードがバリオスに流用され、それがEX-4にも使われている」
という事になります。

 そしてこのラジエーターコアガードが最後に使われた車種が、2009年で販売終了の「Ninja500R」。
 つまり、このラジエーターコアガードは1986年から2009年の23年間使われたという事ですね。

 長い間お疲れ様でした。

 ちなみに、バリオスとEX-4のラジエーターコアガードは共通ですが、「バリオスの車体にEX500(EX-4)のエンジンを載せた」といった感じの車種、ER-5のラジエーターコアガードは共通ではないです。
 バリオスとEX-4のラジエーターコアガードの部品番号は「14037-1143」。
 ER-5のラジエーターコアガードの部品番号は「14037-1232」です。
 価格の方は2015年4月2日現在、両方とも3,812円(税抜3,530円)。
 何が違うのかはよくわかりませんが、ER-5にはバリオスのラジエーターコアガードは使えない、と考えた方が間違いないでしょう。

 もう一つちなみにですが、バリオスとEX-4のラジエーターコアガードは共通ですが、ラジエーター本体は共通ではありません。
 あくまでも共通なのはラジエーターコアガードだけなので、バリオスのラジエーターをEX-4に移植、みたいな事は出来ませんのでご注意ください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。