2009年11月24日

またもや激安バッテリー

 11月17日の記事で、激安バッテリーとして「yellバッテリー」の事を書きました。

 他にも安価なバッテリーがあります。
 「SPICE BOY」で取り扱っている「スーパーナットバッテリー」です。

 サイトはこちら。

 適合表にもEX-4が載っています。ハブられてなくて嬉しいです。

 で、適合バッテリー「SB14L-A2」の価格は、「3,480円」。安いですね。
 お店は福岡県。商品の直接引取をご希望の方は、事前連絡が必要のようです。

 スーパーチープツールズは横浜と上野、yellバッテリーは大阪、スーパーナットバッテリーは福岡、と、全国で安価なバッテリーは売っているようですね。

 「SPICE BOY」のサイトの「バッテリーのお悩み解消します!」にある内容もとても充実しています。
 商品がどうかは私にはわかりませんが、サイト自体はおすすめです。

2009年11月23日

羽田空港から環八外回り

 私は日月が休みでした。
 日曜日はいまいち天気が不安定だったので出かけず。
 日曜日に「道の駅 ごか」に行くつもりでした。
 目当ては「新そば祭り」
 新そばって食べた事ないんですよね。行きたかったなあ。試食じゃなくても普通に食べたいです。

 今日、月曜日は天気は良かったのですが、私が起きれませんでした。悔しい。
 夕方になってから、やっぱりバイクに乗りたいので出発準備をしました。
 走れれば満足なので、とりあえずナップス足立、じゃなくて羽田空港方面を目指します。

 お供はEX-4。
 セルスイッチを押します。元気良くエンジンがかかりました。新品バッテリーはいいですね。
続きを読む

2009年11月22日

EX-4「三種の神器」その一

 EX-4を所有している、または乗っている人はこれを持っているべき、と私が思う物があります。

 いわば「三種の神器」です。

 「三種の神器」というと、「八咫鏡」「八尺瓊勾玉」「天叢雲剣」。
 この三つを揃えた状態にすると、ようやく源頼朝が倒せるようになります。

 そんな感じで、「EX-4に乗っているなら、これを持っておきなさい」と私が思う物を記します。

 それは、「バッテリー充電器」です。

 「晴れの日なら、通勤なりツーリングなりで毎日乗る」というひとであれば必要ないでしょう。
 しかし、私のような「休日ライダー」なら持っておいた方がいいです。
 バッテリー充電器のおかげで、「しばらく乗らなかったら、乗る前の日か前々日に充電」としておけば、バッテリーに不安なくバイクに乗る事が出来ます。
 特にEX-4の場合は開放型バッテリーなので、充電器にかけるのも密閉型のような時間や電流の慎重さはそれほど気兼ねせずとも大丈夫です。

 充電器の選び方は、パッケージに「バイク用」と書いてあれば問題ありません。
 密閉型バッテリーにも使いたい方は「密閉型、MFバッテリー対応」という物を選びましょう。
 せっかく買うのなら、「パルス充電器」をおすすめします。
 これは、サルフェーションを取り除く機能が付加されているものです。これを使えば、単に充電するよりも寿命を更に伸ばす事ができます。
 「サルフェーション」とは、メンテナンスの記事で書いた「白い粉」の事です。この電導性のない白い粉が、外だけでなく内部にも発生します。白い粉が電極板につく事によって、電気もガスも発生しなくなります。
 私も次に充電器を買う時は「パルス充電器」が欲しいです。

 メンテナンスの仕方等は、バイクブロスのサイトも参考になります。

 では、私が今現在使用している充電器を紹介します。
 これです。
俺のバッテリー充電器
 ここからは、この充電器を実際にどう使っているか等の詳細を記します。
続きを読む

2009年11月19日

開放型バッテリーのメンテナンス

 EX-4は、'94年の発売時で「今では珍しい」と言われた「開放型バッテリー」を採用しています。

 バッテリーは、メンテナンスしだいで寿命がかなり変わってきます。
 ちなみに、メンテナンスフリーの密閉型バッテリーなら全く何もしなくて良いというわけではなく、日常の点検や、状況に応じたメンテナンスが必要です。

 私が持っているバイク「EX-4」「TZR250(1KT)」のバッテリーは、両方とも開放型です。私は、密閉型のバッテリーを採用しているバイクの所有経験はありません。
 この二台で私のバイク生活が終われば、密閉型のバッテリーに触れる事なく終了です。この先、密閉型のバッテリーのバイクを所有する事はあるのでしょうか? 自分でもわかりません。

 今回は、私が行っている「開放型バッテリーのメンテナンス」を紹介します。
 モデルはEX-4です。

 まず、シートを外します。
EX-4のシートを外した状態
続きを読む

2009年11月18日

長年使ったバッテリーの紹介

 バッテリーは、バイクや自動車ではかなり重要なポジションを占めています。
 特に現在は、セルスターターだけでなくナビやETC、盗難防止装置、自動車の場合は更にエアコンやカーステレオ、オートロックやパワーウインドウ、車外からのリモコンによるスタートや施錠、施錠解除等、便利になるにつれてバッテリーの負担はどんどん大きくなっています。

 バッテリーって、どれぐらいの期間で寿命を迎えるものなのでしょう?

 今回は、私のEX-4にこれまで使っていたバッテリーを紹介します。

 こちらが実物の画像です。
AC Delcoバッテリー
 紹介してお別れというのも寂しいですが、このバッテリーの事を詳しく説明します。
続きを読む

2009年11月17日

激安バッテリー

 先日、私が購入した「スーパーチープツールズ バッテリー」。
 このバッテリーはとても安価。激安です。

 正直なところ、私は「激○」という表現が好きではありません。
 「交通事故激増」とか書かれていても、どことなく大げさっぽすぎて真実味に欠けるような印象があります。
 「激○」で私が納得できるのは「激めん ワンタンメン」。

 そんなわけで、「スーパーチープツールズ バッテリー」以外にも価格の安いバッテリーはあります。
 「yellバッテリー」です。

 yellバッテリーのEX-4適合の型番は「YB14L-A2」。
 ……なんかどこかで聞いた事がある型番です。

 気になるお値段は「3900円」。
 スーパーチープツールズバッテリーより100円だけ高いです。

 スーパーチープツールズバッテリーには保証がありませんが、yellバッテリーには「1年間保証付販売(走行距離無制限保証)」がついています。

 お店は大阪府柏原市にあります。
 「ご来店前にはTELにて確認を」とサイトにあるので、いきなり行くのは良くないようです。

2009年11月16日

スーパーチープツールズで買えるEX-4用パーツ

 昨日の記事で、スーパーチープツールズの事を書きました。

 工具ならスーパーチープツールズが安くてモノもなかなか良い、と昔から聞いていたので、結構な有名店なのかと私は思っていました。
 でも、ネットなどで調べてみると、どうも「知る人ぞ知る店」のようです。

 前述の通り、私は工具店という認識があったのですが、サイトを見ると、売り物は工具だけでなく色々とあります。
 そして、バッテリー以外のバイク用品も販売しています。

 その中でも特に私が驚いたのが「ブレーキパッド」。
 ブレーキパッドの車種別適合表が掲載されています。カワサキはこちら
 ページの真中より少し上に、モデルで「EX400」。
 そして、名称のところには「EX-4」。

 まさか、スーパーチープツールズのサイト上で「EX-4」の文字を目にするとは思いませんでした。
 500のところには「EX500」もあります。

 EX-4用のフロントの品番は「KS427」。リアは「KS425」。
 価格は、前後ともに「1200円」。
 ちなみに、ProjectμのECO SPORTSは「2940円」です。

 バッテリーの「B14L-A2」は「3800円」。

 バッテリーとブレーキパッドを合計しても6,200円です。
 物の良し悪しは私にはわかりませんが、安い事には間違いありません。

 他では、二輪パーツのページにある商品が気になります。
 チェーンは「520-120L」が「2,100円」で売られています。
 さすがにこれはノンシールだと思うんですが、実物を見てみないとわかりません。
 他は、使えるかどうかわかりませんが「フューエルストレーナー」。

 スーパーチープツールズは、色々と気になる商品が豊富です。

2009年11月15日

バッテリー購入、交換

 昨日のオイル交換の記事に、前回のオイル交換からの走行距離を記述するのを忘れていたので、この記事を書く前に追記しておきました。

 今回は、バッテリーの購入と交換を記します。

 11月3日のKCBMへの出発時、セルの回りがやっぱり弱い。もう駄目か。
 完全に死んで面倒な事になる前に交換すべきだ。

 オイルを注入した日に、新しいバッテリーを載せました。
 前回のオイル交換の時は、エアクリーナーを綺麗にしたりクーラントを交換してみたり、ガソリン漏れのトラブルを直してみたりしました。
 前々回の時は、翌日にバッテリー液の補充をしてみたりしました。

 私は、オイル交換の時に一緒に何かをするのが好きだったのか。
 俺、ふしぎ発見。スーパーひとしくんボッシュート。
 没収しちゃだめえええええ。

 というわけで11月7日、まずはバッテリーの購入に走ります。

 EX-4からはバッテリーを外しました。なのでEX-4は走れません。
 代車としてTZRを用意しました。
 では、バッテリーを求めて、しゅっっっぱああああつ!!!!

 目指すはNAP'S足立、じゃなくて、上野です。上野のバイク街。
 久し振りに、上野にバイク用品を求めに行くぞおおおおお!!

 久々の上野に、私もついついハイテンションです。
 そして到着しました。
スーパーチープツールズとTZR
 ここは、上野バイク街の北端、「スーパーチープツールズ 上野店」。
 時代が変わっても、相変わらず凄い店名です。何が置いてあっても許されそう。
続きを読む

2009年11月14日

'09年 秋 EX-4オイル交換

 今週の初めから末にかけて、雨の多い天候でした。
 私のEX-4は、11月6日〜8日にかけて、オイル交換を行いました。

 今入っているオイルは「ホンダ ULTRA S9 10W-30」です。
 ツイントリップの右のメーターは「4752」を示しています。
 前回のオイル交換から4752kmを走りました。時間もほぼ一年が経過しています。

 まずは11月6日に行った、オイルの抜き取りから。

 ボックスレンチとポイパック、ゴム手袋を用意しました。玄関に置いておきます。
 そしてEX-4発進。この日は天気が良かったので、11月3日のように自宅近くから富士山が見えるかなと思ったのですが、残念ながら見えませんでした。
 30分ほどで帰宅し、すぐにボックスレンチとポイパックを準備して、オイル抜き取りの作業にかかります。

 ゴム手袋をして、ボックスレンチでドレンボルトを緩めます。
 緩んだら、準備済みのポイパックをドレンの下に置き、手でドレンボルトを緩めていきます。

 外れる直前まで緩め、外すと同時に素早く手を引っ込めてオイルが手にかからないようにしようと頑張りましたが、志那虎のローリングサンダーのようにはいかず、やっぱりオイルが手にかかりました。

 オイルを抜いている時の画像。
091106オイル抜き取り中
 10月25日にチェーンを綺麗にしてもらったばっかりなので、今回は廃オイルはそのまま廃棄です。

 EX-4を右に左に傾けて出来るだけオイルを抜き取ったら、一度ドレンボルトを締め、11月8日の日曜日までそのままにしておきます。

 そして二日後。
 再びドレンボルトを緩め、時間が経って下りてきたオイルを抜きました。注入の準備を始めます。
続きを読む

2009年11月12日

ハブダンパー交換

 記事にコメントをいただいている皆様、返事が遅くなってしまっていて大変申し訳ありません。記事もコメントも出来るだけ頑張ります。今後ともよろしくお願いいたします。

 今回の記事は、久し振りの「整備、メンテナンス」のカテゴリ。
 11月1日にハブダンパーを交換しました。その事を記します。

 まずは、用意した物を。
ハブダンパー交換に用意した物
 これ以外には、ボックスレンチを用意。

 ハブダンパーを交換するには、リアホイールを外す必要があります。
 私のバイク人生において、自分でリアホイールを外した事はありません。初体験です。

 作業や道具を揃える際には、ワールドインポートツールズのブログを参考にしました。
 ショックレスハンマーの存在を初めて知りました。
 そしてショックレスハンマーをアストロプロダクツで購入。
 ワールドインポートツールズさん、すみません。アストロの、安いんだもん。

 では、サービスマニュアルで確認しながら作業開始。
続きを読む

2009年11月10日

10月27日 ハブダンパー購入

 記事を書くのに間を置いてしまったせいで、書くべき記事が沢山溜まってしまいました。もう自分でもどれから書いたらよいのやら、という感じです。
 まだ、「TZR Comprete」や「Buell」の感想も書けていません。
 とりあえず、直近の事から書いていくつもりです。

 10月25日(日)の「GSM Ver.26」で、DIDのスタッフにハブダンパー交換の勧めのアドバイスをいただいた私のEX-4。

 ハブダンパーの交換って、お店に頼むといくらぐらいかかるんだろう?
 インターネットでおおよその所を調べてみました。
 その結果、「ハブダンパーは3000円前後、工賃は7〜8000円前後」の様子。

 …自分でやってみるか。

 アドバイスをいただいた二日後の10月27日、早速アドバイスの実行開始です。
 道具とハブダンパーを揃える必要があります。まずは買出しだ。EX-4で出発!
続きを読む

2009年11月09日

11月3日と8日にEX-4に給油

 11月3日と11月8日にEX-4に給油しました。

 11月3日は、KCBMin清里へ行く途中、世田谷区の八幡山SSで行いました。
 この時の走行距離は314.2km。給油量は13.41L。燃費は約23.43km/L
 金額は、リッター115円。合計1,542円。

 うーん、いまいちですね。平均よりちょい下ぐらいかな。
 価格は、プリカだともうちょっと安くなりますが、ここで給油する事も多くはありません。

 11月8日は、三郷の谷口商店みさとインター店という所で給油しました。
 ここでの給油は初めて。
 この時の走行距離は508.1km。給油量は17.24L。燃費は約29.47km/L
 金額は、リッター116円。合計2,000円。

 うーん、これは凄い。今までの最高か。14年前のバイクとは思えない。
 R20の走行が大半だったので、ここまでいけるとは思わなかったぞ。
 一般道だし、何故ここまで走れたのか謎。
 2008年10月15日の記事の時みたく、11月3日の給油時に「ここまで入れた」という事もありません。

「ここまで入れた」時の画像。
これが真の満タン給油だ!

 チェーン以外は、メンテナンスらしいメンテナンスもしていないしなあ。
 とりあえず、このまま調子良くいけるように頑張ります。

11月8日 越谷のイオンレイクタウンへ

 11月3日の寒さが嘘のような、暖かい日が続いています。
 暖かい中、昨日の11月8日(日)は、越谷市にある「イオンレイクタウン」へ行ってみました。

 正直なところ、私は「越谷」って詳しく知りません。
 私にある越谷の知識は「ホテル・ニュー越谷」ぐらいでした。
 最近になって「モトファクトリー」が追加。
 本当にそれぐらい。

 なんか、日本最大のショッピングセンターが越谷にあるらしいぞ。行ってみようか。
 そんなノリで、どんな所か実際に見てみる事にしました。

 この日のお供はEX-4。
 R298から東埼玉道路を北上、周囲が野原の道を進みます。
 写真を撮れる状況ではなかったので写真はありませんが、本当にでかい、広い。
 これは凄いぞ、イオンレイクタウン。
続きを読む

2009年11月07日

11月3日(火・祝)カワサキコーヒーブレイクミーティングin清里 行ってきました

 開催から日にちが大分経ってしまいましたが、今回は、11月3日(火・祝)に行われた「カワサキコーヒーブレイクミーティングin清里」の事を書いていきます。

 11月1日の夜に寒波襲来、それまでは温暖だったので11月1日と2日の夜に冷たい雨が降り、11月3日はその雨が終わり快晴になったものの、その快晴と上空の寒波のせいで強烈な寒さになりました。
 典型的な放射冷却。
 まるでこの日だけをピンポイントで狙ったように。

 私とEX-4の寒さ対策の準備に時間が結構かかってしまい、出発はほぼ7時。
 まずは皇居を目指します。
 この日は真冬のように空気がとても澄んでおり、自宅近くからも富士山が綺麗に見えます。
 皇居からR20へ。周囲のバイクを見渡しても、ウインターグローブやナイロンジャケット等を着ており、みんな冬装備。

 R20から一旦環八に入り、八幡山SSで給油。ここで給油して、ここより後は給油せずに東京まで戻ってこよう、という算段。

 今回は高速道路を使わずに一般道で行く予定ですが、遅くなってしまったので間に合うかちょっと不安です。11時半ぐらいまでに着ければ何とか。

 R20をずっと走って日野バイパスへ。
 私は周囲と同じペースで走っていました。石田大橋という直線的な大きな橋を渡っている際に、前方の車達が一斉にスピードダウンしました。
 「あれ?なんか様子が変だな」
 私も合わせてスピードダウン。そのまま走っていると、道路の左側には警察官が座っていました。そしてその先には仮設サイン会場。
 酷いなあ。

 R20を走り続け、短い神奈川県を通過して山梨県上野原市に入りました。
 ここは40km/h制限。私の前後はトラック。両方ともほぼ40km/hで走っています。
 前のトラックと大分車間を取りつつ、私もほぼ40km/h。これ以上出しても、トラックに追いつくだけなので全く意味がありません。
 峠道みたいなカーブを曲がった所で、対向車線を曲がってきた車がピカッとライトを一瞬点灯させました。対向車の突然のパッシングに驚く私。

「何だろう、今のパッシングは。俺、危険な運転してたかな?」

 しかし、思い当たりません。
 もしかしたら、この先にある危険を知らせてくれたのかもしれない。とりあえず法定速度のペースで走り続けよう。先行車両はトラックだし。

 直線の登りを走り続けていると、道路脇にパイロン。そして地面になにか銀色の物が置かれています。その場所を通過時に横を見ると、椅子に座った警察官。そしてその先には仮設サイン会場。
 ありがとう、対向車の見知らぬ方。

 この後、どの辺かはっきり分からないのですが、更にもう一箇所仮設サイン会場がありました。
 何で下り方面ばっかり取り締まりやっているんだろう?酷過ぎ。

 往路は結局世田谷の八幡山SS以外では停まらず、休憩無しで清里に到着。11時45分。到着まで、本当にあちこちで富士山が綺麗に見えたのが印象的でした。
 清里の会場から。
091103清里からの富士山
続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。