2007年06月30日

どうすれば綺麗になるのか

 これまでは、私の洗車に対する考え方やスタンス、そして私の使用している道具や手順を長々と記してきました。
 これまでの文章を読んできた諸君。
 書き記してきた同じ道具を使用して同じ手順を踏まえれば、同じように綺麗になると思ったら大間違いだ!
 すみません、今時つい外山恒一氏のノリで書いてしまいました。私は、外山氏はかなりまともな人だと思います。電話してみたらとても普通な対応をされたという話もありますし。でも、本物のヤバイ人だと思った人もいらっしゃるようです。都知事選では、外山氏の比ではない本当にヤバイ人が居ましたが、気づかない人が多いようです。

 話が脱線してしまいました。洗車の話に戻します。

 同じ方法で洗車をしても、仕上がりが同様になる保証は全くありません。スタートが同様ではないからです。今回の記事では、車種に関係無く、綺麗にする為にはどうするかを、自分なりの考えで書いてみます。

 まず、洗車に必要なものは何か。それは、道具ではありません。自分の気持ち、やる気です。どうすれば良いか、ここからは具体的に書いていきます。
続きを読む

2007年06月28日

エンジンとメーター周りを綺麗にする

 洗車の手順の続き、エンジンとメーター周りです。今回は写真はありません。
続きを読む

2007年06月27日

洗車の手順

 今回は、自分の洗車の手順です。まずは大まかな流れから。

カウル、タンク→フレーム、マフラー等の車体→エンジン→メーター周り

という順です。
 それぞれを具体的に書き記していきます。
続きを読む

2007年06月26日

洗車前の心の準備、意気込み

 今回は、実際に洗車を始める前の心の準備、意気込み、モチベーションのようなものです。
 実は私は、洗車は特に好きなわけではありません。TZRを購入してから約3ヶ月が経過しましたが、まだ洗車はしていません。どちらかというと、洗車より乗車の方がしたいです。
 私が「綺麗な状態を維持しよう」と思うようになったきっかけは、K'sMEET東京で偶然集まった4台のうちの、神奈川の方がEX-4をとても綺麗にされていた事です。なにか、自分の忘れていた「EX-4への想い」を思い出させてくれたような感覚です。その時まで私は5年近くEX-4の洗車をしていませんでした。そして思った事は、
「よーし、あの人に負けないくらい綺麗にしよう」

 それに、前回も書きましたが綺麗な状態だと不具合を発見しやすい、といい事ずくめです。「洗車する場所が無い」とか言い訳じみた思いを払拭し、
「今まで綺麗にしなくてごめんなさい。綺麗にして、大事に乗っていこう」
と、自分なりに「どうすれば綺麗になるか、その状態を維持できるか」と考えています。

 相変わらず長い前置きですが、ここから「どんな事を考えながら洗車をしているか」を具体的に書き記していきます。
続きを読む

2007年06月25日

車検完了

 EX-4の車検が今月だったのですが、無事通過し完了しました。やったぁ!
というわけでその記録です。

まずは予約からです。二輪の場合は、「電話」「インターネット」のどちらからでも出来ます。インターネットの場合は、
 「こちらでは、軽自動車の自動車検査の予約は受け付けておりません。」
と表示されていますが、二輪は予約可能です。
 検査予約日とラウンド(一日の時間を四区分してある)を決め、五桁の予約番号と四桁の暗証番号をメモします。(足立自動車検査登録事務所の場合)

 予約が済んだら次は書類の用意。
■必須
・自動車検査証(車検証)
・軽自動車税納税証明書
・自動車損害賠償責任保険証明書
以上の三つは必須です。自賠責証明書は、車検満了日までの物と、これから受ける車検の満了日までをカバーする物の二つが必要。車検満了日を過ぎてから車検を受けるなら、期間を経過した自賠責証明書は不要、なはず。通常は満了日前に受けるはずだから、書類は三種四枚になります。

■必須じゃないけど有った方が良い物
・定期点検整備記録簿、又は整備手帳
 無くても大丈夫だと思います。係員に「後から?」と聞かれて「はい」でOK。
 必要だけど持っていない場合はダウンロード出来ます。
・認印
 所有者本人が持ち込む場合は不要なようです。代理の場合は必須。
 (業者らしき方がこれではねられていました。)
・バインダー
 ドキュメントファイルみたいな物を用意しましょう。
 車検証等を持って検査ラインに並びます。
 二輪の場合は「助手席に置いておく」とか出来ません。
 しわくちゃになる可能性が高いです。雨だったりすると終わってる。

 書類等を全て揃え、当日になったら検査登録事務所へGO!です。
続きを読む
23:59 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | My EX-4 | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

俺の洗車グッズ

 私が現在使用している洗車グッズを挙げておきます。これまで色々使ってきて現在はこれ、というかたちできていますので、これから先もどんどん別の物に変えていく可能性はありです。
 前回の記事のチェックリストを参考に順番に挙げます。
続きを読む

2007年06月21日

洗車の前に 〜目的と前知識〜

 このサイトの初期の記事でも「洗車したらその記事を書く」と書いていました。
洗車の事を何回かに分けて書いていきますが、長くなりそうなので、連続して書いていく「連載、特集」的な感じではなく、飛び飛びで掲載していく事になると思います。申し訳ありませんが、ご了承お願いします。

 今回は、タイトルにもしていますように「洗車前の心積もり」的な事です。
 やはり、まずは「目的」です。

・何の為に洗車するのか?
 もちろん、バイクを綺麗にする為ですよね。では、綺麗にするとどういうメリットが?

 「綺麗になると気持ち良い」

綺麗なバイクは、観ても乗っても気持ち良いです。私の場合は特に、EX-4もTZRも「デザイン」つまり「見た目」が気に入っています。好きな容貌をしている物を、汚れのない綺麗な状態にしていようというのは変な事ではないですよね。綺麗な状態だと、知らない人に「綺麗に乗っていますね」とか言われちゃったりして、ちょっと誇らしげにもなったり出来ちゃいます。そんなバイクに乗るわけですから、気分も良く乗れます。


 「洗車中、あるいは洗車後に不具合を見つける事が容易になる」

私の場合はこれが最重要です。洗車中は顔をバイクに近づける事になります。綺麗になっていく上で視点が近づくわけですから、点錆びや樹脂、ゴム部分のヒビ等も見つけられる可能性が高くなります。汚れていると、樹脂やゴムパーツの劣化、傷等はわかりにくいです。点錆び等は見つけるのは不可能に近くなってしまいます。ですので、私の場合は「友人やお店等に洗車を依頼」という事はありません。「洗車はメンテナンス」と考えています。この記事のカテゴリも「整備、メンテナンス」としています。「自分で出来る事は出来るだけ自分で」という気持ちです。何か不具合がわかったら、それから「自分で出来るかお店に頼むか」という判断をする事も出来ます。

 では、実際に洗車をする際の前知識として、私のお薦めのサイトを挙げます。
続きを読む

2007年06月19日

傷が露わに

 前回の記事で、「番茶はお湯で淹れると茶色」と書きましたけど、茶葉を見直したら緑なので「おかしいなぁ、俺の知識変だぞ」と思い、よく調べたり思い出したりしてみました。
 調べた結果は、「茶色い番茶は『京番茶』、あるいは東北、北海道地方での『番茶の茶葉を炒ってから淹れたお茶=ほうじ茶と同意義』」ということ。

 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

 これで記憶の扉が開きました!
中学の時の授業中に「ほうじ茶と番茶はほぼ同じ物だから」と言う説明をした先生が居ます。東北に住んでいた時の事です。それだ!その時の刷り込みだ!!
 いやー、刷り込み、思い込みって凄いですね。ローカルギャップです。だからあの時あの先生は「ほうじ茶と番茶はほぼ同じ物」と言って、まだ知識の少ない私は「え?そうなの?」と思いながら信じてしまっていたのですね。ちなみにその先生はかなりのおばあちゃんでした。国語の先生。

 自分の常識は他人の非常識です。私も気をつけたいと思います。

 前置き終了。前置きというか、前回の補足?

 では本題に入りたいと思います。
 とりあえず洗車をしてみました。おおまかに泥を落としました。「中津川林道の土」です。「甲子園の土」みたいな響きです。アンダーカウルの泥を落として綺麗にしました。油汚れではないので簡単に落ちていきます。で、落とした結果、記事タイトルにもあるように傷が露わになるわけです。まずはこの傷がどれぐらいなのよ、と確認してみます。泥がついた状態では良くわかりませんからね。では写真を。
続きを読む
23:59 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | My EX-4 | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

今日は出かけなかった…

 今日は目が覚めたらお昼の12時でした。

 ううっ、だから飲み会出たくなかったのにぃぃぃ…
前日の晩に水出しのお茶をセットして、早朝から出かけようと思っていたのに…。

 悲しくて自分に悔しくて怒りのぶつけどころが無いので、今そのお茶を飲んでいます。
あああぁぁぁ、美味い!
番茶です
番茶って、お湯で淹れると茶色ですけど、水で出すと緑色なんですね。夏はこれだぜ。

♪なーつーもー ちーーかづーくー はーーちじゅーうーはーちーやー♪

 もうヤケ。でも美味しいです、マジで。

2007年06月16日

明日はどうしようか思案中

 明日6月17日は道志に行こうと思っていましたが、天気予報が完全に変わって行楽日和になってしまったのと、凄く暑そうなので取り止めです。

 明日適当に思いついたところにしようかな…。何処も混雑しそうなのが困ります。出かけるとしたらTZRです。EX-4は泥だらけのままです。明日一日を洗車に費やすのはちょっと嫌です。
 どうしようかなあ…。

2007年06月15日

Pilot Activのミシュランマン

 私のEX-4のタイヤは、今はミシュランの「Pilot Activ」を装着しています。
 このタイヤにしてから二年近く経ち、距離も2万kmを越えましたが、なかなか減りません。ツーリングタイヤとしてなかなかGoodではないかと思いますが、雨に若干弱いかなという気がします。

 タイヤが減ると「スリップサイン」が露出してきます。スリップサインの位置の確認として、タイヤのサイドに矢印等があるタイヤが多いですが、そこは天下のミシュラン。矢印ではなく、「ミシュランマン」とも呼ばれるミシュランのキャラクター「ビバンダム」で示されています。
続きを読む
23:58 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | My EX-4 | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

ヤマハNEWモデル試乗会 in 十勝サーキット

 まだまだ全国で試乗会が行われていてシーズンたけなわといった感じです。6月23日には、ヤマハの試乗会が行われます。場所は「十勝インターナショナルスピードウェイ」
 ある意味近いっちゃあ近いんだけど、やっぱ物理的に遠いです。

[試乗車両(予定)]
● 国内モデル
XJR1300、DSC11、DS4、DS250、XT250X
マジェスティ、マグザム
● 海外向けモデル
YZF-R1、YZF-R6、FZ-1、FZ-6、MT-01、FJR1300AS

 乗ってみたい車種もあまり無いです。強いていえばMT-01かな…。

 サーキット走行体験会も併催されます。
[参加費用] ヤマハ車両:無料 ヤマハ車以外:1,000円

 私は行けませんが、もしTZRで参加すれば無料、EX-4で参加すれば1,000円です。

 「十勝インターナショナルスピードウェイ」といえば、私としてはこちらが気になります。
続きを読む

2007年06月13日

TZR250(1KT) 全体写真

 以前に、EX-4 全体写真という記事を作りました。
 EX-4と違いTZRは人気車種ですので、同じような記事を作っているサイトもあるかもしれませんが、八方向から撮影したTZR250(1KT)を掲載します。今回の写真も、大体160cm位の目線位置で撮影しています。まあ、TZRはまだまだ見る機会も多い車種だと思います。でも掲載したいんです!
 というわけで掲載。
続きを読む
23:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | My TZR250(1KT) | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

俺のTZR250

もう購入から3ヶ月近く経ちましたが、改めて紹介しようと思います。

私のTZR250(1KT)です!

TZR250 in 皇居
どもー、TZR250です。

私のTZR250は現在買った時そのままの状態なので、現状を記していきます。
続きを読む
23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | My TZR250(1KT) | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

13年目のEX-4

 EX-4/メタリックノクターンブルーの発売は1995年です。そして、私のEX-4の購入も1995年です。6月6日に納車されました。という事は…

 私のEX-4が手元に来てから12年が経過。

 遂に、満12歳、干支が一回りしました。亥年の私のEX-4です。
 とうとう13年目か…乗り換えたいような魅力を持つバイクはまだ現れていません。人とバイクの話をした際に「乗り換えたい車種」の話になっても、
「乗り換えるとしたら……GPZ500S…」
などと「ふざけてる」としか思えない答えを返したりしています。

 どうして自分がEX-4にこんなに惹かれ続けているのか。ブログの冒頭の文にも書いていますが、自分でもわかりません。でも、ちょっとあの文章に反していますが、惹かれる理由を追究していこうという事はあまり考えていません。だって、追究しても仕方ないですし、何よりも、もし自分が感じているEX-4の魅力を全てわかってしまったら、もうその時点で魅力を感じなくなってしまうような気がします。
 やはり、謎は謎のままの方が良いと思います。謎が多いミステリアスな状況の方がより魅力的だと思います。

 これからも出来るだけ乗っていきます。まずは車検です。

 その前に、また一人で祝杯、かな。
23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | My EX-4 | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

現在の汚れ

 今日は箱根、大観山に行く予定でしたが、天気も天気予報もあんまりだったのでやめました。結果正解。来週日曜は道志に行こうと思っているのですが、天気が心配です。ちなみにTZRの予定です。

 6月3日に、冬期通行止が解除されたばかりの中津川林道を走ってしまいました。その為に、私のEX-4が泥だらけです。
 弐号機さんとsanottyさんの「林道でも走ってきたような汚れですね」との問いかけには、
「いやあ、実際に林道を走ってきました」
とちょっと苦笑いです。
 では、その汚れている状態の写真を、ちょっと恥ずかしいですが掲載です。
続きを読む
23:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | My EX-4 | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

KCBM in 清里(帰路)

KCBM in 清里の終了後です。
7人全員で話をしたりしていました。
私が「流石にお腹が空いた。何か食べたい」と我儘を言いました。
「じゃあ食事しようか」
しかし、この近辺に詳しい人は居ません。以前のK'sMEETでお会いした方が
「降りた所に食べる所があるからその辺りで食事しよう」と切り出してくれました。
もうお任せです。早速移動です。もちろん全員で同時に移動。
EX-4四台、ER-5、GPZ500S、GPZ900R全台のエンジンがかかるのはそれだけで凄い気がします。私は最後尾を走りましたが、私の前を走るGPZ900Rのsanottyさんが前を譲ってくれました。食事処に着いてからした話で、「この集団で間には入れない」と謙虚におっしゃってました。
正直な所、この食事処までの走行には実に不思議な感覚がありました。この車種で千鳥状態で走れるとは思っていませんでした。とても嬉しいです。
sanottyさんが、しんがりからの写真を撮影しようと頑張っておられました。私も信号待ち等の時に撮影しようと思ったのですが、アングル的に無理でした。
そして食事処に到着。皆で話をしながら食事です。
いやあ、NAPS三鷹東八でのオフの時も思いましたが、自分の好きなバイク、車種の話を大勢の人と出来るのは本当に楽しいです。食事の写真や料理の写真撮っておけば良かったなぁ。

そして皆で出発。ここで全員の出発点を。
私→東京東部
TK-2さん→東京
miyax-4さん→長野
ふっきーさん→名古屋
K'sMEET東京でお会いした方→神奈川
弐号機さん、sanottyさん→静岡

バラバラです。
私とTK-2さんは同じ東京ですが、場所はかなり違います。道取りも、TK-2さんは高速使用、私は下道オンリー。

私は南へ向かいます。道取りは「R141→R20」。何て単純なのでしょう。往路の時とはえらい違いです。
途中までは、弐号機さんとsanottyさん、そして神奈川の方と同じ、という事で、4人で走ります。もちろん、このメンバーでは私が道の事は最もわかりません。最後尾につきR20へ導いてもらう形です。
続きを読む

2007年06月08日

KCBM in 清里(往路)

山梨の清里まで行く訳ですが、「高速道路は使わない」という事以外は全く決めていませんでした。
地図を眺めながら道を決めたり準備したりしていたら、もう7時間近です。
草津の時は5時半に出発しています。草津より明らかに行き辛く遠いのに遅すぎです。
「バカバカバカ、何やってんの、俺のバカ」と思いながら出発。
道順は、「R463→R299→R140→謎の山道→R141→清里スキー場」。
R463までは、R298→R122→R463と行く予定でしたが、まだ朝が早い為か環七が非常に空いていたので、「環七→R4→R298→R122→R463」と行きました。
環七を走行中、「あ、ブログに出発の記事を投稿するの忘れた」と思いました。K'sMEET群馬の時の二の舞は勘弁です。「環七→R4→R298→R122」はバイクを停めるのも辛いです。R463に入って交通量、道路脇の状態も良くなった所でバイクを停め、携帯電話で記事を作り投稿。これで心置きなく山梨へ向かえます。
途中で道を間違えたりする事もなく順調に進みます。
R299で正丸トンネルや「道の駅 果樹公園あしがくぼ」を「ここも時間ある時にゆっくり来たいな」と思いつつ通過。「道の駅 果樹公園あしがくぼ」はバイクが滅茶苦茶たくさん居ました。

R140までの道中は見るべき所はあまりありませんが、ここは凄いです。
ここは凄い眺望
凄い規模のループ橋です。名前等はついていないのかと思ったのですが、記事を書き上げてからTK-2さんからコメントをいただきました。
山梨側のを「廿六木(とどろき)橋」、秩父側のを「大滝大橋」、二つの橋を合わせて呼ぶ愛称として「雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)」だそうです。凄い愛称ですね。
橋も周囲の眺望も凄いです。バイクや車を停めるスペースは見当たらなかったのですが、TK-2さんから、「南側にループ全体を見渡せる形で駐車場がある」とコメントをいただきました。TK-2さん、フォローありがとうございます。今度行く機会には確認して眺望を堪能したいです。
ループ橋を通過後は、中津川大橋の手前を右へ入ります。

「ここでいいのかな?」と思い道路脇で一旦停止。XRとKSR、オフ車もう一台が曲がって入っていきました。ちょっと嫌な予感がしましたが、この道で間違いないです。綺麗に整備された道を進んでいきます。途中で工事中の箇所を通過した後は道幅が狭くなっていきます。そして県道と非県道の分岐点。どちらも道は細くなります。行先表示標識は、県道側には地名表示等は無く、非県道側には「三国峠」と書いてあります。私が行くのは三国峠です。県道表示じゃないのは何でだろうと思いましたが、走り出してすぐにわかりました。
「県道早期昇格希望 大滝村村道」とかなんとか看板が立てられています。村道です。
この道です。
中津川地図
途中で「彩の国 ふれあいの森」と書かれた建物があり、先程のオフ車三台が停まっています。私が通過するのをジーッと見ています。
もちろんそのまま停まらずに通過。いよいよ山の中へ入っていきます。
そして現れる山道。そこは石がゴロゴロしている状態です。

…こ、これは…林道だ!完全な林道だ!!

ここは中津川林道。帰宅してからネットで調べてみたら、東京近郊から最も近いロングダートだそうです。しかも冬期通行規制解除直後。もちろんこの時はそんな事は知る由もありません。
なので、入っていく事にします。転倒して立ち上がれないという事がありませんように、と祈りつつ。
続きを読む

2007年06月07日

KCBM in 清里(会場編)

六月三日(日)、カワサキコーヒーブレイクミーティング in 清里に行きました。
会場との往路帰路もなかなか面白かったので、草津の時同様、会場の事と往路帰路の事に分けます。

前日の夜、23時過ぎまでちょっと眠ってしまっていたのですが、23時50分ぐらいから事情により寝ることが出来なくなってしまいました。1時半過ぎになり、「今から寝ると絶対寝坊する」と思い、寝ずに準備をして朝6:50分ぐらいに出発。
そして会場到着は11:30。遅すぎました。でも私の後ろにもGPZ900R等がついてきていたりして、「事情によりこのぐらいの時間になる人もいるみたいね」と思いつつ到着。入口で他社バイクなどと分けられる事も特に無く中へ入っていきます。どうやら、集まりすぎて分ける事が不可能になったようです。カワサキのバイクがズラッと並んでいる所にサンダーエースも一緒に並んでいたりしました。

私は通路上に停める形になり、「そこでいいよ」と言われZZR1400の横に停めました。停める場所が、イベントスペースの左右、そして一段低くなっている部分と分かれていて、全体を見渡すのは不可能です。ましてや遅い到着、この広い会場全体を見て廻るのは不可能です。EX-4から離れずになんとなく周囲を見回してみます。

ちょっと目を疑いました。イベントスペース横の一列目に青いEX-4が停められています。その周囲も空いているので並べられそうです。私のEX-4の停めている横を、帰る車列が並んでいます。
あああああああ、早くしないと時間が迫って、それにあの青EX-4の人も帰ってしまうかも、と思っていると、車列が途切れました。
「今だ!!」
素早く転回させ、全力でEX-4を押して通路を数m逆走します。係員に「こっちからは出ちゃ駄目だよ」と言われますが、私の様子に気づいたのか、「ああ、移動ならここから入ってね」と誘導されました。急いであの青EX-4の元へ!!
続きを読む

2007年06月03日

KCBM in 清里から帰宅

22:10ぐらいに帰宅しました。
R20が工事個所多く、そのための渋滞でメチャクチャ疲れました。
とりあえず清里スキー場での写真をアップしておきます。
合計6台ゲット
EX-4四台と、ER-5、GPZ500S。
撮影の時フレームにおさめるのに苦労する事になるのは嬉しい予想外です。
詳しくは明日以降アップします。